4.写真の選定

テーマに合わせて写真を選ぶ

テーマまで決まったら、これまで集めた写真、資料を元に実際に使う写真を選定していきます。

※ここでは4番目として写真の選定を持ってきていますが、原稿を書きあげてから写真を選んだほうがやりやすい方は、順序を変えてください。

これまで集めた写真や資料をすべて自分史に掲載すればいいというものではありません。写真の内容と自分史の流れをよく見極めて効果的に使えるものを選んでいく必要があります。

写っているものが類似している写真はどれか一点に絞る必要があります。また、自分史のテーマから大きく外れる内容が写る写真は省いたほうがいいでしょう。

「写真で作る自分史」を作るのですから、この写真の選定段階が出来具合を大きく左右します。

選ぶ写真によって見る人に与える印象や内容は変化します。いろんな写真の組み合わせを考えてみながら時代ごとに写真を選んでいきます。

作る自分史のボリューム、ページ数などによっても選ぶ写真の枚数も異なってきます。最終的にどのような形で作り上げるのかについても想定してそれに合わせた選定をします。

ここで選ぶ基準は、「きれいな写真」ではなく「自分史の内容を補足してくれる写真」ということを念頭において選定するとよいでしょう。

どんなに気に入っている写真であっても自分史のテーマに合ってないのであれば、それは却下すべきです。

この写真の編集作業は、「写真で作る自分史」の作業の中では、最も佳境となる部分です。慣れてくるとこの写真選定はおもしろいのですが、最初は難しく感じるかもしれません。

一人では、出来ないと感じるのであれば、どなたかと一緒に行い客観的意見を取り入れながら進めるのもよい方法です。

一通り写真を取りそろえた時代分は、すべて写真を選んでいきます。

この段階はじっくり取り組んで作り込んでいってください。



posted by せがわ at 13:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。